カテゴリーアーカイブ:

先日、京都市西京区(にしきょうく)にある小塩山(おしおやま:標高642m)に登りました。 ふもとの大原野神社から約1時間半で登れる山です。 カタクリとギフチョウを見るために登りました。その時の記事はこちら→ギフチョウ 「春の女神」と呼ばれる蝶…

続きを読む

今日、京都市西京区にある小塩山(標高642ⅿ)に登りました。 4月4日に登った時は見れなかったギフチョウ(アゲハチョウ科)に会えました。 ここ数日、温かい日が続いたので、羽化したのだと思います♬ ギフチョウは日本固有の蝶です。日本海側では割と…

続きを読む

京都御苑で「トラツグミ(ヒタキ科)」を見かけました! 体長は約30㎝、ヒヨドリと同じくらいの大きさです。ツグミ類の中では最大の大きさを誇るようです。 トラツグミは一年中日本で暮らしている鳥(留鳥)です。雑食で、昆虫やミミズ、木の実を食べます。…

続きを読む

今朝、カリガネソウ(シソ科)を見に行きました。 カリガネソウは、京都府では「準絶滅危惧種」に指定されている貴重な植物です。 花は2㎝くらいの大きさです。8~9月に淡い青色の花をつけます。 花の形が独特です。カモの仲間の鳥「雁(がん・かり)」に…

続きを読む

大原野の「フジバカマ園」の片隅で、ミズアオイ(ミズアオイ科)の青い花が咲いています。 ミズアオイは、京都ではもうほとんど見ることができない貴重な植物のようです。 京都府レッドデーターによると「絶滅寸前種」に指定されています→ミズアオイ|京都府…

続きを読む

昨日の朝、京都市の南西部にある、大原野の「フジバカマ園」へ行きました。 大原野は、田園と山、自然に囲まれた美しい里です。 「フジバカマ園」では、準絶滅危惧種であるフジバカマ(キク科)を約1000株、地元の方が種の保全のため、丹念に育てています…

続きを読む

今朝、京都・高野川を散歩していたら、「ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)」が草に留まっていました。 羽化したてのようで、翅も体もきれいでした♬ とてもみずみずしかったです! 大きさは前翅の長さが35‐50㎜くらいで、アゲハチョウ(ナミアゲハ)と…

続きを読む

今朝、京都・高野川を散歩していたら、アキニレの木の上に一匹の「ウラギンシジミ(シジミチョウ科)」が留まっていました。 見かけた時は、まだ早朝で、涼しい時間だったので、きっとまだ体が動かなかったのでしょう。木の上で、微動だにせず、留まっていまし…

続きを読む

今朝、高野川を散歩していたら、一匹の「イチモンジセセリ(セセリチョウ科)」が葉っぱにとまっていました。 イチモンジセセリは、都会の真ん中から高原まで、至る所で生息する、最も普通に見られる蝶です。 地味で、体も太いので、「蛾」に間違われることも…

続きを読む

なんだか落ち着くんですよね、鴨川にいたら♪ 京都で僕が大好きな場所の一つです! まだまだ暑い日は続いていますが、鴨川を散歩していると、朝夕、昼間でも、時折吹く風が、とても心地よく感じました。それは、もう秋の風でした。 人間だけでなく、鳥や虫た…

続きを読む

10/30